求人に応募する際に、詳しく調べても内容が不透明な部分なので、今回は、派遣型JKリフレのお仕事内容をご紹介してみます。

昔の派遣リフレJKリフレ

他の記事でも書いていますが、JKとは、女子高生のことを指します。

JKリフレは、女子高生がお客さんに対して、リフレサービスを提供するお仕事。
昔は、18歳未満の本当の女子高生、つまり未成年の女の子がサービスをしているお店もありましたが、これは法律的に完全にアウトで、摘発なども沢山あったと思います。

今は、現役の女子高生や18歳未満の未成年が、JKリフレで働いていることはありません。

派遣リフレJKリフレとは?に関しては、下記の記事でくわしく解説しています。

関連記事

派遣リフレJKリフレとは?「リフレクソロジーサービス」の略であり、簡単なマッサージを中心に、若くて可愛い女の子とJKをコンセプトに、スキンシップがとれることを売りとしているお店です。 ひざまくら ハグ[…]

【2023年夏最新版】派遣リフレJKリフレとは?【詳細を徹底解説】

応募資格は18歳以上(高校生は不可)

ほとんどのお店では応募資格を18歳以上、高校生は不可としているはずです。
大体18歳から22歳くらいまでの、高校卒業〜女子大生の年代までの女の子が多いです。

ちなみに、今まで日本での成年年齢は、20歳と法律で定められていました。

この法律が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変わりました。
これによって、2022年4月1日時点で18歳、19歳の方は2022年4月1日に成人となりました。

また、2022年4月1日以降に18歳になる方(2004年4月2日以降に生まれた方)は、18歳の誕生日から成人となります。

政府広報オンライン

政府広報オンライン

成年年齢が、2022年4月から、20歳から18歳に引き下げられました。成年になると何が変わるのか、私たちの暮らしにどのよ…

お仕事内容は、簡単なマッサージ

お店によって、コース内容やサービス内容は異なりますが、基本的には、リフレ(簡単なマッサージ)をおこなうお店が多いです。

リフレといっても、プロの講習を受けたものではなく、足や肩もみなどの誰でもできるようなことです。
それ以外だとオプションで、ひざまくらや制服以外のコスプレなどがつけれるお店もあります。また当店のように近場でのお散歩コースが可能など、お店によって違いますので、面接の前に聞いておくとスムーズです。

派遣型JKリフレは風俗ではないが、警察に無店舗型届け出確認書を発行して貰わないと営業不可

一般的に派遣型JKリフレのコンセプトは、風俗店ではないということになっています。

これはそういうコンセプトの元に運営している為です。あくまでリフレのサービスをお客様に提供するお店というコンセプトです。

デリヘルやソープなどの性風俗店ではないので、最初から性的サービスをしないといけないお店ではありません。

しかし、派遣型JKリフレを開業するには、デリヘルと同じように、管轄する地域の警察署から無店舗型届け出確認書の交付を受けなくてはいけません。

警察署に届け出に行くと、コンセプトがどうとか言ってもその区別はついておらず、「JKリフレ?いやいやデリヘルでしょ?」と言われます。

デリヘルのように、最初から性的サービスを行わないとしても、法律で決まっていることなので、これは必ず行い受理されなければ営業ができません。

当店でも、勿論届け出確認書を交付して頂いております。

これは法律関係の話になりますので、また違う記事で書こうと思います。

警視庁ホームページ

JKリフレのお給料

お店にもよりますが、一般的には当店のように、自分で稼いだ売上に応じてお給料(バック)が入ります。

例えばバック率が70%で、1日10万円を売り上げた場合、報酬は7万円です。

また本指名料(同じお客様が二回目以降同じ女の子をリピートした場合発生)は全額バックされます。

オプションに関しては、女の子がお客様につけてもらったオプションに関しては、全額バックしているお店が多いです。

ちなみに風俗店でよくある、よくわからない雑費というものもあまりないかと思います。

オプション内容の詳しい説明も、一つづつ別の記事で書いていこうと思っています。

JKリフレどっとこむのオプションは、下記の記事でくわしく解説しています。

関連記事

♥JKリフレどっとこむのオプション♥別記事に書いたように、JKリフレで行われるサービスは、誰にでもできる簡単なマッサージです。特にお店からは簡単な口頭での講習のみで、実技講習などは無いため、業界が完全未経験の方でも問題な[…]

【2023年夏最新版】派遣型JKリフレのオプションを徹底解説!

まとめ